DMの発送を安い金額で行うなら比較サイトを利用しましょう

法人としての利用がメインとされるDMですが、現在では数多くの会社が発送代行を行っております。一般的にサービスを提供している運送会社へ依頼した金額と、発送代行のサービスを提供している会社へ依頼した場合の金額はかなり異なってきます。これは発送代行を行っている会社が発送通数をまとめて出すことで勝ち得ている金額になるからです。法人1社単位での発送数だと少なくても何十社、何百社とまとめていくことで何千、何万通にも数が増えるため、サービスを提供している運送会社もお値打ちな専用の価格帯を発送代行をしている会社へ提供しています。そういった会社へ依頼をすることでダイレクトメールの発送をお値打ちに行うことが可能なのです。例えば、普通に発送すると1通180円くらいの場合でも、発送代行会社へ頼めば100円以下で送ることも可能なのです。

ダイレクトメールとは何が当てはまるのか

そもそもDM、いわゆるダイレクトメールとは何を指すのかわからずに言葉を使用されている方もお見えになることでしょう。ダイレクトメールは法人などの会社や施設から出される広告がメインとなります。法人から法人への営業チラシ、法人から個人への営業チラシといったように色々な種類があると言えます。とはいえ、メインは営業チラシやお知らせのチラシ、ご案内のチラシがほとんどです。但し、最近ではオークションなどの商品発送にもこの発送代行サービスを利用している店舗や個人の方が多くなっています。ダイレクトメールで送る為のサービスは細かい規定があるのですが、その規程さえクリアしてしまえばチラシ以外のものも送ることが可能となっています。とはいえ、本来は商品を送る為のサービスではない為、送ろうとして送れなかったということもあるようです。

DMを少しでも安い金額で出すためには

少しでも安い金額でダイレクトメールを送る為には比較サイトを利用することが効率的になります。比較サイトは発送をしようとしている通数、大きさ、重量などを入力するだけで簡単に見積もりを取ることができる便利なものです。全国にある多くの発送代行会社が登録をしているため、最安値の会社へ頼んだり、最速で発送してもらえる会社を選ぶことが可能です。但し、中には注意が必要な会社もあります。それは全額前金で請求をしてくる会社です。ダイレクトメールの発送は以前、問題になったことも多くあります。発送代金のみもらい、発送せずに倒産したケースもあれば、発送だけしてそのまま倒産してしまったという依頼側の問題もあります。その為、すべての会社が怪しいというわけではないのですが、価格だけで決めるのではなく、年間の発送実績なども考慮して選んだ方が賢い判断と言えます。