お役立ち!オリジナル名刺作成ガイド

ホーム > オリジナル名刺について > オリジナル名刺で自分を知ってもらう

オリジナル名刺で自分を知ってもらう

 名刺はビジネスだけでなくプライベートでも作って使っている人が増えています。
そして、作成するにあたってビジネスの場合は会社が指定した様式で作ることが必要です。
しかし、名前や会社名など必ず入れなければならない部分以外は自由に決められる場合には個性を発揮して作ることが必要です。
そこで、自分でレイアウトを考えて刷ってもらう方法とテンプレートに当てはめて作る方法があります。
それに加えて、用紙のサイズや材質も指定できることがあり、印象に残る名刺に刷ることができます。
それに加えて、インターネット上から依頼ができるサイトもあり、画面で確認できるだけでなく短時間で作れるというメリットもあります。
しかも、テンプレートは用途別や色合いなどからも絞り込めるため、活用しやすいです。

 オリジナル名刺を作るにあたって、レイアウト選びが重要です。
例えば、ビジネスで使う場合にはあまり派手なタイプは好ましくないといわれていますが、クリエイティブ系の仕事をしている人はデザイン性が高い名刺を選んでいます。
それに加えて、写真やイラストも入れることがあり、バランスを考えて作ることが必要です。
自分でデザインをする場合にはillustratorやPhotoshopのデータを渡して作ってもらうことができます。
この場合イメージ通りの仕上がりになります。
そして、テンプレートを使う場合にはビジネス目的やサークル活動などのカテゴリーに分かれていたり、色合いからも絞り込めるサイトがあります。
これによって、あまり名刺作成に慣れていない人でも簡単に作れます。
しかも、テンプレートの一部分を変えるほか、書体や文字の大きさも変えられるようになっていてオリジナル性を発揮できます。

 最後に用紙選びですが、サイズや材質を選んでいきます。
サイズに関しては標準サイズの他に少し小さめや二つ折りなどもあります。
もちろん、デザインを考えるときにはその点も考慮して行う必要があります。
そして、用紙の素材も厚いタイプや光沢紙の他にプラスチックや和紙などもあります。
この点は依頼する業者によって対応している用紙が異なるため、事前に確認をしておくことが大切です。
ちなみに、加工も様々あり角丸や型押しなども指定できます。
例えば社章の型押しができるため、アピールすることもできます。
もちろん、手数料が必要になるため大量に作成をするほうが単価を抑えることができます。
ちなみに、QRコードや地図情報も入れられるため、現代社会のニーズに合わせて内容を充実させることも可能です。
これによって、より自分を知ってもらえるツールとして活用ができます。

次の記事へ

先頭に戻る